分葱(わけぎ)とネギの違い

分葱(わけぎ)は、主に関西よりも西の地域で生産されていることから、
関東より北の地域の方には、馴染みのない野菜かもしれません。

生産の盛んな広島県では、「広島わけぎ」という品種もあります。

分葱(わけぎ)は、ネギ属に分類され、
「ネギ」と「玉ねぎ(エシャロット)」の雑種だと言われています。

ネギと比較すると、エシャロットのように、
根元部分がぷっくりと膨らんでいます。

しばしば、「分葱(わけぎ)」と「分け葱(わけねぎ)」が混同されますが、
これらは別物です。

分け葱(わけねぎ)は葉ねぎの一種です。

種が出来ない分葱(わけぎ)に対して、分け葱(わけねぎ)には種が出来ます。

分葱(わけぎ)は球根で増え、1~2カ月で成長して、
収穫できるようになります。

季節の家庭料理として、京阪神地域では、
その特徴を活かした料理が昔から親しまれています。

分葱(わけぎ)の定番メニューは、「ぬた」です。

茹でた分葱(わけぎ)をからし酢味噌和えにした料理です。

薬味としても利用され、サラダや牛肉のタタキにもよく合います。

分葱(わけぎ)の見た目は、細いネギのようですが、
風味と甘みがネギと異なります。

ネギより辛味が弱く、熱を通すことでさらに甘みが増します。

他にも、ネギには様々な種類があり、見た目も似ていますが、
それぞれ思ったよりも個性のある味を持っています。

ぜひ、ご自身の舌で、その違いを確かめてみてはいかがでしょう。

春の風物詩「ホタルイカ」の産地

016001

富山名物であるホタルイカ(蛍烏賊)は、 普段は深海(200m~600mの深さ)で生息しています。 春になると、産卵のために海面に上がってきて、 海岸近くまで群れとなってやってきます。 ホタルイカの体には、大小多数の発光器… 続きを読む

庶民野菜の王様!もやし

015801

低価格で身近な野菜のもやしは、 納豆や豆腐と並び、日本の食卓を支える強い味方です。 一年中手に入るので旬を意識することはあまりないのですが 実は旬は、春なのです。 春は、芽吹きの季節ですものね! 屋外の畑ではなく、工場の… 続きを読む

サメは、フカヒレはもちろん健康サプリにも高級コスメにも!

015701

サメ(鮫)は、日本の沿岸や近海に80種類以上が広く分布しています。 死後にアンモニア臭が出るので、アンモニアを中和するお酢を使った、 酢の物が適しています。 ヒレを干したものは、中国料理の高級素材「フカヒレ」として用いら… 続きを読む

コロボックルも食べたかな?!体に良いふき

015601

ふき(蕗)は、キク科フキ族の多年草です。 日本原産で全国に分布しています。 日本だけでなく北は樺太、朝鮮半島や中国にも分布しています。 ふきの種類 愛知早生ふき 市場に多く流通していて生産量は愛知県が一番です。 尾張ふき… 続きを読む