マナガツオは関西で人気の高級魚

真魚鰹(まながつお)は白身で肉質はやわらかく、味もあっさりしているので、
特に関西で好まれている魚です。

お刺身、西京味噌漬け、粕漬、照り焼き、、揚げ物、ムニエルなどに
してもおいしくいただけます。

一般に焼き物にされることが多いですが、生食としても非常においしいです。

知名度がある割りには一般的な魚ではなく、高級魚です。

京都では懐石料理に用いられています。

「西国に鮭なく、東国にマナガツオなし」という言葉があります。

マナガツオは関西以西に多く生息しており、
東日本ではほとんど漁獲できないことからきています。

また、食文化においても、特に西ではマナガツオを
おいしい魚の代表格として珍重されています。

名前の由来は諸説あります。

その一つに、カツオのいない瀬戸内海などで、
マナガツオを「カツオに見立てた」ところから、
「真似鰹(まねがつお)」といわれたところからきていると言われています。

栄養面はといいますと、ビタミンAが特に多く含まれており、
ミネラル類がバランスよく含まれています。

白身魚の中では脂質が豊富に含まれており、
レチノールが比較的多いといわれています。

他にも、ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA/IPA)
ビタミンB12、リン、マグネシウム、カルシウムも含まれています。

水菜は鉄分もカルシウムもたっぷりとれる優れもの野菜

0011301

京菜とも呼ばれている水菜は、その名前の通り 京都で古くから栽培されている京野菜です。 鍋物やあえ物によく用いられますが、 シャキシャキとした歯触りが良く、 アクも少ないのでサラダとしても人気の食材です。 京都だけでなく、… 続きを読む

土佐文旦の魅力 地元だけではもったいない!

0011401

春はかんきつ類が美味しくなってくる季節ですが、 土佐文旦(とさぶんたん)というフルーツをご存知でしょうか? 土佐文旦という名前でわかるように、これは高知県の特産品で、 1月中旬から4月中旬頃にかけて出荷されます。 見た目… 続きを読む

たまねぎは万能薬!

0011201

玉葱(たまねぎ)は、ネギ科の多年草です。 中央アジア原産で、紀元前エジプト王朝時代から食べられていました。 日本では、明治の初めに札幌で初めて栽培されます。 エジプトに比べると、日本に入ってきたのはかなり遅いですね。 そ… 続きを読む

丸くて小さなマッシュルームには、ビタミン類がたっぷり

0011101

マッシュルームは、一年中出回っている「きのこ」の一つです。 原産地はヨーロッパで、世界中で多く栽培されていますが、 3月から6月および11月から12月に出回る量が多くなります。 日本では、千葉県、茨城県、岡山県で多く生産… 続きを読む